漫画

育児中のスキ・キライゲージを描いた漫画が分かりやすくて納得

こんにちは、とびうおです。

笑うメディア クレイジーにて育児中に悩んだママが描いた漫画が紹介されていました。

内容が分かりやすく、「ママはこんな気持ちなんだ」と理解できるので育児に関わる人には読んで頂きたいなと思いました。

今回の記事では「育児中のスキ・キライゲージを描いた漫画」をご紹介します。

 



スポンサーリンク



育児中のスキ・キライゲージを描いた漫画

漫画を紹介している記事について

今回、笑うメディア クレイジーにて記事となっていたのは、インスタで活躍中の漫画家、オキ エイコさんの子育てに関する考察です。

「こんな私は母親失格だ…」悩んだママが描く漫画に心から納得 | 笑うメディア クレイジー
「こんな私は母親失格だ…」悩んだママが描く漫画に心から納得 | 笑うメディア クレイジー

続きを見る

 

読後、考えさせられる

まず、漫画では対人に対するスキ・キライについて図で説明しています。

これがとても分かりやすく納得。

漫画ではスキとキライは別ゲージで表せるとしており、「基本的にスキだけどココだけキライ」みたいな心理が上手く表現されているな~と、うなずいてしまいました。

 

そのスキ・キライゲージを赤ちゃんに対して考えたときどうなるか?

 

育児中の不安や、寝不足などの心身の疲れなどから「キライ」ゲージに連結されてしまうといいます。

本来のゲージとは違うのに、あたかも「キライ」ゲージが多いように感じてしまう・・

これは、赤ちゃんを愛している気持ちは確かにあるのに、間違った「キライ」ゲージのせいで負の感情を持ってしまう現実があることを示していると思います。

 

その結果、自身を「母親(父親)失格」と考えてしまう・・

 

育児のこうした悩み・苦しみがあることをもっと広く認知され、またそれを支える行政・民間サービスなどが「当たり前」に利用できる世の中であると、もっとラクになるんじゃないかな、と思いました。

 

漫画の終わり

漫画の最後は、アルバムを開いて写真を見たとき、『「スキ」がなかった日なんて無かった』と言って、自身の育児についても胸をはっていいのかも、と終わっています。

いま育児中でつらいな、しんどいな、と思っている人がこの漫画を読んで少しでもラクになれればいいなと思います。

 

まとめ

今回は「育児中のスキ・キライゲージを描いた漫画」をご紹介しました。

私には子供はいないので共感はできないのですが、同年代の悩みとしてすごく納得し、また、このことを知ることが出来てよかったなと思います。

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

-漫画

Copyright© えんたNavi , 2020 All Rights Reserved.