ニュース 漫画

マンガ大賞2020に芸術スポ根漫画「ブルーピリオド」!アニメ化の予定は・・?

こんにちは、とびうおです。

マンガ大賞2020の受賞作品が決まりましたね!

13回目となるマンガ大賞2020となったのは「ブルーピリオド」。

まだ未読ですが、調べれば調べるほど面白そうな作品です…!!

また、気になるのは今後のメディア展開。漫画からアニメ化・実写化を果たした作品は多いですよね。

今回は、マンガ大賞2020「ブルーピリオド」とアニメ化について調べてみました。

 



スポンサーリンク



マンガ大賞2020に「ブルーピリオド」/山口つばさ

2020年3月16日にマンガ大賞2020が発表されました。

今年の受賞作品は「ブルーピリオド」です。

 

出典:https://www.mangataisho.com/

 

 

 

「ブルーピリオド」は山口つばささん著の漫画であり、

  • 高校生が美大を目指す”スポ根”ストーリー
  • 月刊アフタヌーンで2017年より連載中
  • 著者本人も芸大出身

とのこと。

 

著者の山口つばささんは、本作が初の連載作品であり、担当さんに

 

『売れるマンガを描く努力をして』

 

と言われたと、コメントしています…(すごいプレッシャーですねっ)

 

 

 

出典:https://www.mangataisho.com/

 

授賞式の様子をみると、山口つばささんは女性であることが分かります。

お顔は何故かカエルの被り物をつけていますが…お好きなのでしょうか??

 

 

「ブルーピリオド」アニメ化の予定は?

アニメ化の予定はまだ未定のようです。

ただ、これまでに受賞された作品は映像化されているものも多いので、「ブルーピリオド」も可能性は高いですね。

 

過去5年間の受賞作品の映像化について調べたところ・・

2015年の受賞作品を除き、すべて映像化されています。

そのため、「ブルーピリオド」についても

 

1、2年のうちにはアニメ化または実写映画化になるのではないかな!?

 

と期待しています。

 

(参考)過去5年間の受賞作品のアニメ化

マンガ大賞2019:『彼方のアストラ』/篠原健太 → 2019年にアニメ化

マンガ大賞2018:『BEASTARS』/板垣巴留 → 2019年にアニメ化

マンガ大賞2017:『響~小説家になる方法~』/柳本光晴  → 2018年に実写映画化

マンガ大賞2016:『ゴールデンカムイ』/野田サトル  → 2018年にアニメ化

マンガ大賞2015:『かくかくしかじか』/東村アキコ  → 未定(2020年3月17日現在)

 

 

マンガ大賞の実行委員の方の「マンガ愛」を感じるモノ

 

受賞者である作家さんが持っているコレ・・

 

出典:https://www.mangataisho.com/

 

 

 

よく見ると何やら書いてあります。

 

出典:https://www.mangataisho.com/

 

「好きって楽しい アートってすてき」

「誰かに届くと信じて 今日も明日も筆をとる」

「模索と挑戦は人類の特権!」

… etc

 

気になったので調べてみましたが、詳しく書いてある記事などは見つからず・・

 

おそらくですが、「マンガ大賞の実行委員の方のコメント」なのかなぁと思ってます。

その年ごとにデザインも様々で、実行委員の方々のマンガ愛を感じますね。

 

 

おわりに

マンガ大賞の選考対象は「最大巻数が8巻まで」の作品なので、気軽に手に取りやすいことがポイント。

新しいジャンルを読んでみるにはピッタリな作品ばかりなので、気になった作品があれば是非!読んでみてくださいね。

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

今回の参考記事

マンガ大賞2020
マンガ大賞2020

続きを見る

 

-ニュース, 漫画

Copyright© えんたNavi , 2020 All Rights Reserved.