ニュース

ついに増税!負担軽減のために「キャッシュレス決済ポイント還元」を知っておこう

こんにちは、とびうおです。

2019年10月1日、ついに消費税が10%へと引き上げられました。

今回の増税では、消費者・事業者の負担を軽減するための制度が設けられています。

「キャッシュレス決済ポイント還元」もその一つですが、内容を知らないと、その恩恵を受けられない可能性もあるようです。

今回の記事では、『「キャッシュレス決済ポイント還元」について知っておくべきこと』をご紹介します。

 



スポンサーリンク



「キャッシュレス決済ポイント還元」で知っておくべき3つのこと

 

キャッシュレス・ポイント還元事業は、経済産業省主導の施策です。

中小・小規模事業者に対しての支援制度で、私たち消費者は、最大5%のポイントが還元されます。

ただ、大手スーパーなどは対象外など、私たちも知っておくべきことがいくつかあるのでご紹介しますね。

 

えんた
増税やだなぁ・・って思いますよね。私もです!少しでも負担を軽くするためにも、制度について知っておきましょう~

 

ポイント還元が出来るお店は限られている

 

「キャッシュレス決済ポイント還元」制度でポイント還元出来るお店は、10月1日の時点で約50万点。

すべてのお店でこの制度が適用されるわけではないので注意が必要です。

 

ポイント還元の対象となるのは以下のマークがあるお店。

 

キャッシュレス決済対象店舗のマーク

出典:キャッシュレス・消費者還元事業 (https://cashless.go.jp)

 

また、対象のお店は専用アプリ「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で確認できるので、いつも行くお店など調べておくといいですね。

 

ポイント還元の期間は9か月間

 

キャッシュレス決済ポイント還元の期間は、2019年10月~2020年6月までの9か月間です。

いつまでもずっと~、という事ではないので、注意が必要ですね。

 

交通系電子マネーは事前登録が必要

 

キャッシュレス決済は、

 

  • 交通系電子マネー(Suicaなど)
  • 電子マネー(WAONなど)
  • クレジットカード
  • スマホ決済(〇〇Payなど)

 

に分類されます。

 

このうち、交通系電子マネーである「Suica」「ICOCA」「PASMO」は事前に専用サイトから登録する必要があるため注意が必要です。

専用サイトにて今使っているSuicaなどを登録することで、ポイント還元することができますよ。

 

キャッシュレス決済各社がポイントをプラスするキャンペーンを展開

 

経済産業省の「キャッシュレス決済ポイント還元」制度に加え、キャッシュレス決済各社も独自のキャンペーンを展開しているようです。

 

これによりプラスαの恩恵が受けられるので、自分で使っているキャッシュレス決済のキャンペーンをチェックしてみてくださいね。

キャッシュレス決済のキャンペーンを少しだけご紹介します。

 

PayPay

期間限定(2019年10月1日~2019年11月30日)ですが、「PayPay」はポイント還元の対象のお店で決済すると、「プラス5%を還元」されるそうです。

もとの制度と合わせれば、最大10%還元されます。

 

楽天ペイ

楽天ペイは2019年12月2日まで、制度の対象外のお店でも5%を還元するキャンペーンを行います。

コンビニなどではさらに2%をその場で割引、楽天カードとの利用でさらに1%分の楽天ポイントが付くなど、独自にキャンペーンを展開します。

 

おわりに

 

今回は『「キャッシュレス決済ポイント還元」について知っておくべきこと』についてご紹介しました。

ポイントは、

 

  • ポイント還元が出来るお店は限られている
  • ポイント還元の期間は9か月間
  • 交通系電子マネーは事前登録が必要

 

です。

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

参考サイト

  • キャッシュレス・消費者還元事業 (https://cashless.go.jp)
  • 日経ビジネス「今日から消費税10%、キャッシュレスポイント還元はこう使え」(https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/093000725)

-ニュース

Copyright© えんたNavi , 2020 All Rights Reserved.